あいのわ ダスキン愛の輪基金公益財団法人 ダスキン愛の輪基金

トップページ > 財団概要:理事長挨拶

理事長挨拶

感謝を込めて・・・
合掌 日頃は愛の輪運動へのご支援ご賛同を賜り心より感謝申し上げます。1981年、「めい あい へるぷ ゆう」(何かお手伝いできることはありませんか?) との想いで始まりました愛の輪運動は、今年で39年目を迎えます。
現在、「ダスキン愛の輪基金」では、主に二つの事業に取り組んでいます。一つは、財団設立時から実施している「ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業」。地域社会のリーダーとして貢献したいと願う障がいのある若者を海外に派遣する事業です。
現在まで512名が研修を終了し、帰国後はその貴重な体験を活かし、大学教授や弁護士、自立生活センターの運営、パラリンピック選手など様々な分野で活躍されています。
2つ目は、1999年より実施している「ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業」。
アジア太平洋地域の障がいのある若者を日本へ招き、障がい者福祉を学んでいただく事業です。現在まで28ヶ国137名が研修を終了し、帰国後は母国で障がい者福祉のリーダーとして活躍されています。
これらの活動は、会員の皆さまからの会費やミスタードーナツ店舗などでの募金、そして多くの方々からの献金と、研修生を受け入れていただく関係機関を含めた皆さま方からの支えによって続ける
ことができました。
今後も、研修修了生と会員の皆様との触れ合いの場を積極的に設け、愛の輪運動の意義を一人でも多くの方に伝え、もっともっと大きな輪にしていきたいと考えております。
これからも公益財団としての社会的責任を果たし、“愛の輪の活動”をより多くの方にご理解いただくための取り組みを行い、全ての人が心豊かに暮らせる社会づくりのお手伝いを続けてまいります。
今後共、より一層のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。
ありがとうございました。合掌

公益財団法人 ダスキン愛の輪基金 理事長
山村輝治
山村輝治 写真

財団概要

財団名
公益財団法人 ダスキン愛の輪基金
所在地
〒564-0063 大阪府吹田市江坂町三丁目26番13号
理事長
山村 輝治
専務理事
宮原 和之
常務理事・事務局長
室山 都子
会員数
18万人(2018年度)
基本財産
18億3千万円(2018年度)
主な事業
ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業
ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業

↑ページトップにもどる